リーファンのクラッチって、武川の強化クラッチとソックリでした!

目次

中古で入手したスーパーカブ90号

日々のメンテナンス&カスタムを
自分メモ代わりに書いてます。

1995年製らしいです(HA02)

中華エンジンの遠心クラッチ

国産エンジンのオーバーホール作業中に
一時的に搭載していたミニモトで販売中の
中華エンジン(遠心クラッチ)

お役御免で降ろしたついでに、気になって
いた遠心クラッチをバラしてみました。

※2015年後半のロットです

段付のプライマリードライブギア!!
この段のせいでパーツの流用が厳しい!

 

...うん!?

...アレっ!?

 

武川の強化クラッチにソックリ?

 

って事で、比較してみましたよー!

パット見も同じですが、サイズ的にも一緒
です。ウエイトも32枚(8×4)で同じ!

内部構造も殆ど一緒ですが、重量が少し
違いました。


ミニモト リーファン 中華エンジン:721g

武川強化遠心クラッチ(02-01-0215):751g

軽いほうがエライって事では無いですが
素材の違い?何なんでしょうか??
乗り味とか低速トルクの関係?

因みに、アウタードライブギアの作りも
武川と同じなので(カブ90純正とは違う)
交換可能だと思います。


中華エンジンに武川の強化クラッチも
簡単にポン付け出来そうですね!

まあ、クラッチ板やクラッチスプリングも
武川や国産パーツを使えるのが判ったのは
収穫です。バラして良かった (^_^)v


(Visited 506 times, 1 visits today)