中古のアドレスV125S(10年落ちの事故車)を騙されて購入して1年!フロントフォーク交換を終えて全ての整備&修理が完了!

目次

アドレス V125S( L0 / CF4MA)

ヤフオク!で騙されちゃいました!
K7/K9フォーク&ステムが移植されてる
フロント大破した事故車です (;^_^A

基本方針はノーマルを極力維持!

プロローグ

えーと...最初に記載しておきますが
この車両はフロント事故車なんですよ。

アドレスV125Sなんですが、前モデルの
アドレスV125Gのフロントフォークやら
ステムやらが移植されています。

通称K7・K9と呼ばれる年式のモデルで
整備性の悪いステム&フォークが特徴です。

事故車の修復の際、不人気で安い中古部品を
セレクトした結果だと思われます。

それ故???な修理内容となっています。

詳細&嘘つき出品者とのバトルは...
こちらを御覧ください。

フロントフォーク交換

騙されて購入後から1年。やっとまともな
V125S用のステム&フォークを入手!

早速、入れ替え作業の準備を始めます。

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

第一歩目でやっちまいました (´;ω;`)

謎のステムベアリング&レースセット!

最初は品番を調べて買おうと思ってたんですが
セット品を発見!!コリャ楽でイイじゃん!

って、写真も説明も良く見ずにポチりました。
実は気がついたのも今なんです!

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

何か異常に安かった気もするし...

ワンコも不安げな表情...(;・∀・)

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

少し迷いましたが取り敢えずコレで!

イマイチなら交換すりゃイイじゃん!

って事で、作業続行です。

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

と思ったら再び難所が出現です (´;ω;`)

ステムの一番下のレース

※ステアリングアウタロア 51622-16830

隙間が全く無くて外れる予感ゼロ!

少し粘ってトライしましたが諦めて
グラインダーで処刑決定です。

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

ハイ!処刑完了!外れました。所要時間1分!
素人サンメカは週末しか時間が無いんです。

後は新品を打ち込んで終了です。

※因みにこの作業が一番の難関でした

フロントフォークのオーバーホールは
済んでますので、交換作業に入れます!

↓↓

↓↓

↓↓

作業再開です!!

カウルやらヘッドライトを外して...

ハンドルやブレーキ、タイヤも外して...

ステムロックナットさんとご対面!!

工具が余裕で動かせる!作業スペースに
余裕があるので簡単!楽勝です!

因みにステムロックナットはゆるゆる!
手でも緩みそうな位の締め付けトルク!

テキトーに組み付けたんでしょうね。
ホントに酷い話です...

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

無事にステムが抜けましたよ!!

カウルを外し始めてからココまで
素人作業で30分位です。

アドレスV125Sの作業性は悪くない?

↓↓

↓↓

↓↓

次は車体側のレースを撤去です。

コレも問題なくスムーズに作業完了。

新品レースを打ち込みます...えっ!?

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

... (゚△゚;)えっ?

スカスカ!!スッカスカですよ!

激安ステムベアリングセット恐るべし!

初めての体験なので可否が判りかねますが
ってか、否に間違いないと思いますが
取り敢えずコレで進めちゃいます!

ステムを装着して...

ロックナットを指定の締め付けトルクで...

※アッパーレースロックナット 30Nm

ゆるゆるレースは気になりますが
取り敢えずステム交換完了です!!

あとは戻すだけです。

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

完成しました!!

この忌々しいK6/K9は不燃ごみへ。
やっとスッキリしました!

やっぱりフルオーバーホールした
フロントフォークはスムーズに
ギャップを吸収してくれます。

乗り心地がワンランクアップですね。

それとブレーキング時に発生してた
ジャダー?ガクガクが消えました。

コレはステムベアリング交換の効果が
如実に体感出来て嬉しいです。
本当に作業して良かったです!

↓↓

↓↓

↓↓

装着後に数百キロ走りましたが
スッカスカレースは問題なさそう?

納車後に実施した作業

10年落ちの中古車をヤフオク!で購入後
1年間で実施した必要作業一覧です。

※ステム交換作業とカスタムを除きます

マスターシリンダー

ピストン交換等、オーバーホール

ブレーキキャリパー

ピストン・シール・パッドピン
ブレーキパッド等、新品交換

リアブレーキ

ブレーキシュー 新品交換
ブレーキワイヤー 新品交換

ヘッドライト

PH11バルブ 新品交換

エアークリーナーエレメント

新品交換

ドライブベルト(Vベルト)

新品交換(2回)

ドリブン(セカンダリー)

含むクラッチ 新品交換(デイトナ製)

プーリー

ウェイトローラー&スライドピース
新品交換

スロットルボディ

清掃(2回)インシュレーターや
Oリングは新品交換

プラグコード

新品プラグコードを再接続

プラグ

新品交換(3回)

タペットクリアランス

タペット調整

オイル交換

エンジンオイル(2回)・ギアオイル

ソレノイドバルブ

数回の清掃~新品交換

スロットポジションセンサー(TPS)

調整(4-5回)~新品交換

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

こんな感じでしょうか?忘れている作業も
あるかもしれませんが、事故車って事を
差し引いても想像より手間が掛かりました。

新車から10年。パッと見はキレイですが
経年劣化は確実に進むんですねー

でも、コレだけ作業すれば乗り心地や
乗り味は新車並みに戻った気がします。

※外観はアレですが (・_・;)

お金も手間も時間も掛かりましたが
個人的には実施して良かったです。

逆に劣化を放置して乗り続けるのは
無理!お断りって感じでしたね。

自分で作業したので部品代だけですが
お店に頼むと10万円は余裕で超えそう。

アドレスV125なのでこの金額ですが
大きいバイクだと2倍?3倍?かも?

バイクなんて動けば何でもオッケー!

って方には関係ない話になりますが
やっぱ気分良く乗りたい!って方で
自分で整備しない方だと...

新車購入して5年以内で売却!

が、コスパ的には最強かもですね?

それと...

初のFIモデル!メンテナンスした感想ですが...

線・コードが多すぎ!!

↓↓

↓↓

↓↓

経年劣化による配線トラブルが発生したら
問題特定とか無理なんじゃ...ΣΣ(゚д゚lll)

やっぱ自分にはキャブ車があってるのかなー?

(Visited 23 times, 1 visits today)