神工具!フロントフォーク整備でトップキャップ兼スプリングシートを押し下げながら外すCリング!Cクリップは3方締めクランプがあれば一人でも楽勝!

2022-05-20

目次

フロントフォーク整備の最難関?

フロントフォークの整備。フルオーバーホールは
無論ですが、オイルシールを交換したりオイル粘度や
油面調整でも必ず立ち塞がってくるC型のアイツ!!

スプリングシートをグイグイとかなりの力で
押し下げながらドライバーやピックツールで
外さなきゃならない「例のアイツ」です。

Cリング・Cクリップ・ストッパリング
スナップリング・サークリップ...

呼び方は色々ありますが、素人殺しパーツですよね?

作業を手伝ってくれる友人知人がいる方や
デカい万力と油圧プレス等の工具がある方。
力持ちでメチャ器用な方以外の方々に朗報!

↓↓

↓↓

↓↓

3方締めクランプ(エッジクランプ)!!

↓↓

↓↓

↓↓

この工具があれば1人でも簡単に外せます!

因みに1000円位で買えるので一家に一台!
素人サンメカには必須アイテムでは?

他に必要なモノはクランプする為の硬めの
ラバーシート的なモノがあればオッケー。

今回は嵌める工程ですが...

↓↓

↓↓

↓↓

こーして挟んだら...

↓↓

↓↓

↓↓

スプリングシートをセットして...

↓↓

↓↓

↓↓

こーして押し下げれば...

↓↓

↓↓

↓↓

ハイ!溝が見えましたよね!

あとはCクリップを入れる(外す)だけ!

両手がフリーで使えるのでCリングを
嵌めるのも外すのも楽勝です。

※こーして写真を撮れる余裕があります

作業TIPS

ちょっとした作業のコツですが...

クランプをセットする際にガムテとかで
ラバーシートを固定すると少し楽です。

あとは、スプリングシートを押し下げる時に
スプリング?スプリングシートの収まりが
イマイチで奥まで押し込めない時は...

※ねじ込むとクランプが上に動きます

★インナーとアウターをグリグリ回す

★コツンと軽くショックを与えてみる

★押し込みを少し緩めてみる

これで溝が見えるまで押し込めます。

↓↓

↓↓

↓↓

ハイ!作業終了!完成です!

5分~10分もあれば余裕で作業出来ますよ!

因みにこのタイプのフロントフォークは...

シグナスX,NMAX,マジェスティS,PCX,リード125
フォルツァ(MF06),ディオ(AF35),ニンジャ250SL

これらは実際に作業したり見た記憶があります。
※年式によるかも?

かなり古い旧車だとTDR80,TZR125,TZR50R
GPZ400,GPX250...なんかもこのタイプの
Cリングが使われてた気が...不便なのに🙄

最後に

コレでフロントフォークのOHも油面変更も
フォークオイルの粘度変更も気楽に出来ますね!

Amazonで3方締めクランプを探す

Googleで3方締めクランプを探す

Amazonでゴムシートを探す

Googleでゴムシートを探す

(Visited 367 times, 3 visits today)